婚約指輪の素敵な購入方法|将来を見据えた贈り物

結婚後も使える指輪選び

カップル

実用性と個性を重視

かつては新郎の給料の3ヶ月分などとも言われていたのが、婚約指輪の予算です。価値観が多様化している現在では、自分たちのライフスタイルや経済状態に相応しい婚約指輪を希望する合理的なカップルが多数派になっています。結婚後のライフスタイルを具体的に想像して、身に着けやすいものを選ぶことが、せっかくの婚約指輪を箪笥の肥やしにしてしまわないためのコツです。デザインの面でも、流行やブランドに惑わされず、あくまでも自分たちらしい婚約指輪を求めるカップルが増えています。使用する地金や宝石の種類・質にまでこだわって製作できるフルオーダーメイドに加えて、リーズナブルな価格でカスタマイズできるセミオーダーメイドにも人気があります。

デザインのバリエーション

婚約指輪の王道とも言えるのが、リングの中央部分に宝石を一粒あしらったソリティアタイプと呼ばれるデザインです。シンプルなデザインだけに、宝石の種類や大きさによって印象が変わります。ダイヤモンドが一般的ですが、新婦の誕生石や、思い入れのある宝石を使うのもお洒落です。宝石を留める爪が洋服などに引っかからないように工夫されているデザインもあり、実用性を重視する女性に支持されています。最近では、ファッションリングの感覚で身に着けられるデザイン性の高い婚約指輪も増えています。地金部分のデザインが凝っているものの他に、小粒の宝石を並べたエタニティリングや、ハートシェイプなどの個性的なカットの宝石を使った婚約指輪にも人気があります。