婚約指輪の素敵な購入方法|将来を見据えた贈り物

婚約時の指輪の基礎知識

リング

婚約の際に贈る指輪とは

プロポーズの際に、男の方から女の方に婚約の象徴として贈るものを婚約指輪と一般的に呼んでいます。婚約指輪を結納品の一種として利用するところもありますし、近年結納はやらないが食事会などで婚約指輪を披露する人もいらっしゃると思われます。 そもそも婚約指輪の起こりは、ヨーロッパの慣習が日本国内に拡散したもので、現代では男の方が準備して贈ることがほとんどです。あるいは2人一緒に選択して手に入れるというプロセスが一般的な方法になります。今日この頃は、プロポーズのサプライズと位置付けてダイヤ限定で女性に譲渡し、そしてリングの枠は2人で検討するといったケースや、結婚指輪と組み合わせて考察される人もいらっしゃいます。

婚約期間以外でも可能です

婚約指輪というものは、ダイヤが付属したものを選択されることがほとんどですが、その他にはダイヤを女性の方のいわゆる誕生石に替えて華やかにするリングなども見受けられます。 また、婚約指輪は婚約期間のみと考えている人もいらっしゃると思われますが、そうとは言い切れません。 既婚の女性が結婚式あるいは慶事で結婚指輪にセットしてつけられたり、ささやかなおでかけや日常生活でされる人もいらっしゃるようです。宝石の伝統あるヨーロッパにおいては、婚約指輪は家族の宝石とよばれ、歴代継承される場合もあり、婚約指輪はプロポーズの時のみと言い切れるものではないと言えます。そのため、日常の生活でもつけることがあります。